松下 恵 Official Blog
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
子猫のはなし①
 
 
 
2019/06/29
 

 
5月中旬、生まれてはじめて
 
子猫を捕まえました。
 
 
拾ったのではなく
 
心に決めて、捕獲に行きました。
 
 
知り合いの家の庭で
 
生まれたばかりの
 
子猫がヨチヨチしていたんです。
 
 
母猫もそばにいましたが
 
生きていけるかわからない
 
厳しい状況でした。
 
 
保護してからどうするの。
 
だれが面倒みるの。
 
猫にとっての幸せは?
 
 
ほんとうに迷いました。
 
でも最終的に
 
わたしの背中を押したのは
 
やっぱり母でした。
 
 
つべこべ言ってないで
 
小さい命を救え!と。
 
 
動物福祉協会さんに
 
いろいろご指導いただき
 
地域のボランティアの方に相談し
 
同時に里親さんも探しつつ……
 
 
1匹目を保護。
 
 
ダンボールの中で
 
「シャア!」と怒ってました。
 
 
katzen
 
 
 
 
 
 
そして2匹目。
 
(この子も気が強かった)
 
 
katzen1
 
 
 
 
 
 
病院で、ごはんをあげると
 
すごい勢いで食べてました。
 
 
katzen2
 
 
ウィルス性の猫風邪
 
ノミも沢山、お腹には回虫。
 
野良ちゃんって、こんなに
 
大変なのかと思い知った。
 
 
 
 
 
 
 
先生がていねいに
 
目や鼻を拭いてくれ
 
ようやく目が見えました。
 
 
katzen3
 
 
 
「1匹目をすぐに飼うわ」と
 
言ってくださった方のお宅には
 
すでに8匹の保護猫ちゃんが。
 
 
わたしたちが感動したのは
 
その方が、猫の顔も見ずに
 
引き取る、とおっしゃったこと。
 
 
病気があるか、
 
可愛い顔かどうか、なんて
 
関係ない。
 
どんな猫であっても
 
命を救う、という
 
愛にあふれていたこと。
 
 
とてもできることじゃありません。
 
保護活動をしている方たちは
 
みんなそういう気持ちなのだと
 
頭が下がりました。
 
 
 
* * *
 
 
 
2匹目はしばらく
 
うちで面倒を見ていましたが
 
ジュピがノイローゼに、笑。
 
 
このままだと
 
ジュピが、病気になる!と
 
頭を抱えていたとき
 
 
2匹目もその方が引き取る
 
とおっしゃってくれたのです。
 
 
母は、その優しさに
 
心を打たれ、号泣。
 
 
そしてなんと
 
姉妹は一緒に
 
生きていけることになったのです。
 
 
katzen4
 
 
 
 
 
 
katzen5
 
 
2匹の再会!
 
すぐにじゃれ合って
 
嬉しそうだった。
 
 

 
 
 
 
 

 
 
 
2019/06/02
 

Welle
 
 
今月、検定試験を受ける予定でして
 
ぜんぜん勉強が追いつきません。
 
 
遊んでいる場合ではない。
 
 

 
 
 
 
 
ご無沙汰を
 
 
 
2019/06/02
 

 
してしまいました。
 
気づけば、6月。
 
 
Rosen
 
 
5月の美しい思い出。
 
 
 
 
 
 
山下公園にて。
 
 
Rosen1
 
 
 
 
 
 
Rosen2
 
 
 
 
 
 
 
 
Rosen3
 
 
 
 
 
 
Rosen4
 
 
そしてもう紫陽花の
 
季節ですね。
 
 

 
 
 
 
 
アラゴスタソフト
 
 
 
2019/05/07
 

 
アウトプットしていきたい
 
と言いながら
 
完全にインプットな
 
GWでした。
 
 
 
色んなものを見て感じて
 
たくさんの人に会い
 
 
 
映画を見にきてくれた
 
友人たちの話を聞いて
 
心がうるおっていく日々。
 
 
 
kana
 
 
 
もうすぐ知り合って
 
20年くらいになる
 
原田佳奈ちゃん。
 
 
 
性格は真反対のようで
 
どこかシンクロする人。
 
 
 
マイペースなところも
 
似ているし
 
とにかく居心地がいい。
 
 
 
アラゴスタチェリー
 
美味しかったです。
 
 

 
 
 
 
 
Do it all
 
 
 
2019/04/28
 

erinnerungen
 
 
「アラフォーの挑戦 アメリカへ」
 
一昨日、すベての上映を
 
終えることができました。
 
 
 
映画館へ、足をお運びくださった
 
皆さま、ありがとうございました!
 
 
 
あたたかい感想もいただき
 
何回もご覧くださった方もいらして
 
本当に、嬉しかったです。
 
 
 
ただただ、皆さんから
 
愛される作品になってほしいと
 
願っていました。
 
 
 
この映画を見て、少しでも
 
明るい気持ちになってほしいと
 
祈っていました。
 
 
 
でも、いちばん
 
この映画に助けてもらったのは
 
わたし自身です。
 
 
 
1年前の自分と、今日の自分。
 
 
物事への向き合い方が
 
まちがいなく変わりました。
 
 
 
まっすぐに、前向きに
 
謙虚に、一生懸命やる。
 
あきらめない。
 
 
 
この作品が、公開するまでに
 
手をさしのベてくださった
 
すべての人が
 
それを教えてくれました。
 
 
 
こんなにも優しい人が
 
自分の周りにいたのだと気づかされ
 
大好きな人が
 
増えていく日々。
 
 
 
そのめまぐるしさと
 
スピード感は、すごかった。
 
 
 
このまま歩みを止めずに
 
アウトプットしていきたい。
 
 
 
そんなエネルギーをくれた
 
皆さんに、心からありがとう。
 
 
 
 
 
@Woodbridge South Lake
 
 
erinnerungen1
 
 
最小人数のスタッフさんで
 
最高のメンバーでした。
 
監督も、監督以上の仕事
 
お疲れさまでした。
 
 
 
 
 
 
 
@San Juan Capistrano
 
ホストファミリーとランチ。
 
 
erinnerungen2
 
 
録音部の齋藤さんは
 
よく目をつむってる。
 
 
 
 
 
 
 
 
綺麗な折り紙を
 
お土産に持っていきました。
 
 
erinnerungen3
 
 
鶴だけは折れて
 
ホッとした……。
 
 
 
 
 
 
ニッキはたくましい
 
素敵な女性です。
 
トム、小説家になってね!
 
 
erinnerungen4
 
 
二人の結婚式、楽しみ。
 
 
 
 
 
 
 
青井さんのお嬢さん、
 
セーラちゃんも最近
 
ますます女性としての
 
磨きがかかっています。
 
 
erinnerungen5
 
 
恋をするって、いいな笑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
愛にあふれる
 
皆さんのおかげで
 
できた作品です。
 
 
erinnerungen6
 
 
齋藤さん、また目を
 
つむってる……。
 
 
 
 
 
 
 
 
@Huntington Beach
 
ボブさんキャロリンさんの
 
デートのお邪魔を。
 
 
erinnerungen6
 
 
 
 
 
 
 
 
この写真、いちばん好き。
 
 
erinnerungen7
 
 
 
 
ぜんぶ、私の宝物です。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
copyright (c) megumi mastushita all rights reserved.