松下 恵 Official Blog
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
魂がふるえる
 
 
 
2019/10/08
 

 
森美術館にて。
 
 
chiharushiota
 
 
 
 
 
 
張り巡らされた糸の中は
 
毛細血管のよう。
 
 
人の体内に
 
入り込んでしまったみたい。
 
 
chiharushiota1
 
 
 
 
 
 
揺れるカバン。
 
そこにはいない
 
人物たちが目に映る。
 
 
chiharushiota2
 
 
 
 
 
 
 
chiharushiota3
 
 
 
 
 
 
「もつれ、絡まり、切れ、解ける。
 
それはまるで、
 
人間関係を表わすようだ」
 
 
と塩田さんの言葉。
 
 
chiharushiota4
 
 
運命の赤い糸は
 
時に、とんでもなく
 
こんがらがって
 
解けなくなるのかも。
 
 
 
 
 
 
 
 
焼け焦げたピアノ。
 
 
chiharushiota5
 
 
 
 
 
 
一番心を惹かれた作品。
 
ベルリンの工事現場に
 
捨てられた窓たち。
 
 
chiharushiota6
 
 
これもまた、窓の向こうに
 
市民の顔を
 
想像してしまう。
 
 
 
 
 
 
すべての作品が生々しく
 
迫ってきて
 
息苦しさを感じる。
 
 
chiharushiota7
 
 
生と死のはざまを
 
彷徨っているような
 
感覚だった。
 
 
 
 
癌と闘病されながら
 
塩田さんが
 
つくり上げたアートだと
 
あとから知り
 
言葉を失ったのでした。
 
 
 

 
 
 
 
 
日本オーストリア友好150周年
 
 
 
2019/10/04
 

 
今年もAustria Workshop2019に
 
参加させていただきました。
 
 
 
それぞれの都市の魅力や
 
新しい旅のアイデアをPRする
 
イベント。
 
 
Marillenknödel
 
 
地球上でもっとも
 
格式が高い芸術祭、
 
と言われている
 
ザルツブルク音楽祭」は
 
 
 
今から100年前、
 
「イェーダーマン」の上演から
 
始まりました。
 
 
 
来年はそれを記念して
 
様々なイベントが開催されるそう。
 
 
 
ザルツブルクは今
 
あまりの人気で、ホテルが
 
まったく取れないそうです……。
 
 
 
夏とクリスマス以外の
 
シーズンで行くか
 
早め早めの予約がおすすめ。
 
 
 
今年は
 
日本オーストリア友好150周年。
 
 
Marillenknödel1
 
 
オーストリア政府観光局の
 
ホームページ
 
新しくなって
 
とっても充実してます!
 
 
 
 
 
 
 
夜のパーティーには
 
駐日オーストリア大使も
 
お越しになり
 
ユーモアたっぷりの
 
ごあいさつ。
 
 
Marillenknödel6
 
 
 
 
 
 
 
 
Marillenknödel2
 
 
そのあと
 
参加者が10人ずつの
 
グループに別れて……
 
 
 
 
 
 
とある有名な「作曲家の絵」
 
を完成させる、という
 
ゲームをしました。
 
 
Marillenknödel3
 
 
1人ずつ、目、髪、手など
 
パーツごとに書いていき
 
 
 
一番上手に描けた
 
グループには、
 
賞が当たります。
 
 
 
これがまた難しくて……
 
チームワークですからね。
 
 
 
へんてこりんな
 
面白い絵ばかり
 
できあがりました。
 
 
Marillenknödel4
 
 
 
 
 
 
そして
 
一番多くの拍手をもらった
 
トップ賞が、こちらの絵!
 
 
Marillenknödel5
 
 
さて、誰だかわかりましたか?
 
 
 
来年、250歳。
 
生涯のほとんどを
 
ウィーンで過ごした人物といえば…
 
 
 
 
ベートーヴェン、でした!
 
 
 
 
 
 
 
美味しいディナーをいただきながら
 
ケーキコーナーに
 
なぜコロッケが……?
 
 
と、不思議に思っていたら
 
 
Marillenknödel7
 
 
 
 
 
 
 
この丸い揚げ物は
 
マリレンクヌーデルという
 
ワッハウ地方のお菓子!
 
 
Marillenknödel8
 
 
生地であんずを包み
 
お団子にしたものを茹でて
 
バターとパン粉で炒めるそう。
 
揚げ団子、のイメージ。
 
 
 
オーストリアといえば
 
やっぱり、あんず!
 
 
 
 
 
 
 
ANAの羽田〜ウィーン線も
 
新規就航がはじまり
 
ますます多くの日本人が
 
オーストリアを
 
訪れるようになりました。
 
 
 
来年はぜひ
 
ザルツブルク音楽祭
 
そして
 
ブレゲンツの湖上オペラも
 
見に行きたい!
 
 
 

 
 
 
 
 
アダムズ・アップル
 
 
 
2019/09/28
 

 
デンマーク映画……というと
 
ラース・フォン・トリアー監督の
 
「ダンサー・イン・ザ・ダーク」や
 
「奇跡の海」(どちらも懐かしい)
 
くらいしか見たことがない。
 
 
 
10月19日(土)ロードショーの
 
アダムズ・アップル」試写会へ。
 
 
 
デンマークのアカデミー作品賞を
 
受賞した傑作とのこと!
 
 
adamsapples
 
 
 
 
 
 
 
 
仮釈放されたスキンヘッドの男
 
アダムが、更生するために
 
田舎の教会へ送り込まれる
 
のですが……
 
 
 
そこにいる牧師も、前科者たちも
 
何かがおかしい。
 
 
 
一番の悪党であるはずのアダムが
 
アタフタしてしまうほど
 
誰もが、異常に変わってる。
 
 
 
adamsapples1
 
 
 
 
 
 
特に、この牧師さん。
 
 
adamsapples2
 
 
 
こんなに不幸な人生は
 
ないのではないかというほど
 
悲惨な過去を
 
背負っています。
 
 
 
その事実を
 
自分で認めていないことが
 
気に入らない、悪党アダム。
 
 
 
牧師を追いつめ
 
さらに不幸のどん底へ
 
つき落とそう!と
 
試行錯誤するのですが……。
 
 
 
どうしても
 
うまくいかないのが
 
可笑しくって(笑)
 
 
 
何が起きても動じない
 
牧師イヴァンは
 
イエス・キリストに
 
通じる何かがあるのではないか
 
とさえ、思ってしまう。
 
 
 
ひねくれまくって
 
シュールな作品。
 
こんなに変わった映画
 
見たことない。
 
 
 
北欧映画、これから
 
はまっちゃいそうです!
 
 
 

 
 
 
 
 
Tom & Nicki
 
 
 
2019/09/27
 

 
アラフォーの挑戦 」に
 
出演してくれた
 
トムとニッキ。
 
 
 
つい先週の金曜日、
 
なんと結婚式でした。
 
Congratulations!
 
 
 
で、そのまま
 
ハネムーンで日本へ
 
やってきた!
 
 
 
浅草で、久しぶりの再会。
 
 
honeymoon1
 
 
 
 
 
 
 
LAにはもちろん
 
天ぷらもお蕎麦屋さんも
 
あるけれど
 
 
 
やはり美味しさが違う!
 
と、喜んでくれました。
 
 
honeymoon
 
 
トム、目をつむっちゃった。
 
 
二人とも、到着の翌日だったので
 
眠かったみたい。
 
 
 
 
「私たちは8年付き合ったけれど
 
トムがやっとプロポーズしてくれたのは
 
あの映画の撮影の
 
少しあとなのよ」
 
とニッキ。
 
 
 
映画が、2人の結婚を
 
後押ししたのなら
 
こんなに嬉しいことは
 
ありません!
 
 
 
 
 
 
ニッキは、初めての日本。
 
 
honeymoon2
 
 
浅草寺へお参りへ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おみくじを引けば・・・
 
 
honeymoon3
 
 
 
 
 
 
大吉!
 
 
honeymoon4
 
 
 
 
 
 
もちろんトムも!
 
 
honeymoon5
 
 
 
 
 
 
わたしだけ、がっかりで
 
結んで帰ります。
 
 
honeymoon6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
浅草文化観光センターの
 
展望カフェにて。
 
 
honeymoon7
 
 
 
 
 
 
 
わたしとニッキは
 
抹茶ソフト。
 
 
honeymoon8
 
 
トムはなぜか、メロンソーダで
 
なんで?と聞いたら
 
 
LAには「メロン味」というものが
 
ないらしい。
 
 
朝ごはんも、わざわざコンビニで
 
メロンパン、買って食べたそうです。
 
面白いなあ。
 
 
 
 
 
 
 
いいお天気で良かった。
 
 
honeymoon9
 
 
東京から箱根、京都、奈良と
 
まわるのだそうです。
 
 
 
ステキな新婚旅行に
 
なりますように!
 
 
 
 
 
 
カリフォルニアらしい
 
お土産、ありがとう。
 
 
honeymoon10
 
 
わたしは、来月から
 
また新しい挑戦が
 
始まります。
 
 
気持ちはすでに、LAヘ!
 
がんばるぞ。
 
 
 

 
 
 
 
 
台風家族
 
 
 
2019/09/24
 

taifu
 
 
台風家族
 
やっと観てまいりました。
 
そして上映延長決定という
 
嬉しいお知らせ。
 
 
 
だってあんだけ面白いんですもの。
 
そりゃ当然!
 
 
 
2時間、笑って泣いて
 
なんと忙しかったこと。
 
泣けるコメディ、って
 
映画の最高峰ではないでしょうか。
 
 
 
現代の家族が抱える悩みが
 
まるごとリアルに描かれ
 
「サイテー」な主人公含め
 
鈴木家の全員が憎めない
 
愛すべきキャラクター。
 
 
 
ひとりっ子として育った私には
 
兄弟の距離感が
 
とても新鮮で面白かった。
 
 
 
家族愛に、号泣。
 
るみちゃん良かった。
 
 
 
そして、映画を通して
 
母の死を意識する、という
 
稀な体験をいたしました。
 
 
 
帰宅してから、うちにあった
 
パンフレットと小説を
 
読みふける。
 
 
 
小説は、それぞれの人物が
 
自分目線で語っていくので
 
役づくりノートみたい!
 
だからこそ、の
 
演出なのだと納得。
 
 
 
エピローグでは
 
映画のその後のストーリーも。
 
さらに余韻に浸れます(涙)
 
 
 
監督が12年間もあたためて来た
 
作品なのだそうです。
 
 
 
本当に、人生は
 
台風みたいだと思います。
 
次から次へと
 
めまぐるしく風は吹き荒れ
 
それでも
 
家族愛というのは
 
決して揺るがない。
 
 
 
きっとそこを中心に
 
ぐるぐるまわりつづけてる。
 
 
 
その「目」の中で
 
どんなに離れていても
 
親はいつだって子供を
 
見ているのだ、と
 
感じさせられました。
 
 
 
本当に、観てよかった!
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
copyright (c) megumi mastushita all rights reserved.