松下 恵 Official Blog
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
Shin Ultraman
 
 
 
2022/07/02
 

 
あ〜よく寝た、みたいな
 
ポーズになってしまった。
 
 
shinultraman
 
 
 
 
 
 
10M級の巨大バルーン。
 
横浜ランドマークタワーにて。
 
 
shinultraman1
 
 
 
 
 
 
6/30までだったので
 
もうないかも。
 
 
shinultraman2
 
 
 
 
 
 
カラータイマーも
 
ないです!!
 
 
shinultraman3
 
 

 
 
 
 
 
純烈ジャー追い焚き御免
 
 
 
2022/06/14
 

sequel
 
 
試写会へ。
 
もう笑って泣かされて
 
ジェットコースターのような
 
75分。
 
 
前作を上回る、圧巻の面白さ!
 
終わってすぐ、佛田監督に
 
「3も楽しみにしています」と
 
お伝えしてしまった。
 
 
大ヒット間違いなしです。
 
秋公開!乞うご期待!
 
 
 

 
 
 
 
 
ポートレート撮影
 
 
 
2022/06/14
 

 
ちょっと
 
ご無沙汰してしまいました。
 
 
portrait
 
 
 
 
 
 
portrait1
 
 
 
 
 
 
portrait2
 
 
 
 
 
 
いつもお世話になっている
 
カメラマンさん。
 
 
私を赤ちゃんの頃から
 
撮ってくださっています。
 
 
portrait3
 
 
 
 
 
 
いつまでたっても
 
写真撮影は、慣れませんが
 
 
portrait4
 
 
 
 
 
 
初めましての方に
 
撮っていただくのとは違う
 
安心感があります。
 
 
portrait5
 
 
 
 
 
 
ウェブサイトの写真も
 
アップデートできたらと
 
思うので、お楽しみに!
 
 
portrait6
 
 
 

 
 
 
 
 
牧野富太郎展〜博士の横顔
 
 
 
2022/05/11
 

 
「日本の植物分類学の父」
 
牧野富太郎博士をたずねて。
 
 
Makino7
 
 
ー植物園を造るなら
 
五台山がええー
 
 
高知県立牧野植物園は
 
博士が94歳の生涯を終えた
 
翌年1958年、五台山に
 
開園したそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
温室の右に見えるのは
 
五台山・竹林寺。
 
 
Botanical1
 
 
竹林寺は、四国お遍路
 
第31番礼所。
 
 
 
 
 
 
植物園へ行く道中、
 
お遍路さんを
 
お見かけできたのも
 
貴重な体験でした。
 
 
Botanical8
 
 
いつか、体力のあるうちに
 
巡礼の旅をしてみたい。
 
 
 
 
 
「なんじゃもんじゃ」の
 
愛称で知られる
 
ヒトツバダコ。
 
 
Botanical
 
 
 
 
 
 
こちらは、トビカズラ。
 
日清・日露戦争に咲いたため
 
「世に異変が起きる花」として
 
恐れられているのだとか。
 
 
Botanical3
 
 
果実には、鋭い毛が生えていて
 
触ると危険なんですって。
 
 
 
 
 
2010年にリニューアルした
 
温室は、オアシスのよう。
 
 
Botanical4
 
 
 
 
 
 
ヒスイカズラ。
 
ほんとうに美しい
 
翡翠色をしています。
 
 
Botanical2
 
 
 
 
 
 
牧野富太郎記念館では
 
生誕160周年特別企画展が。
 
 
Botanical5
 
 
 
 
 
 
自らを「草木の精」や
 
「愛人」と呼び
 
貧しくても、借金をしても
 
研究に没頭した人生。
 
 
Botanical6
 
 
牧野博士が描いた
 
植物のスケッチは
 
目を見張るほど、細やかで
 
素晴らしい芸術画。
 
 
 
 
 
 
時には、植物を採りすぎて
 
怒られたという
 
エピソードも。
 
 
Botanical7
 
 
その人柄と人生は
 
あまりにもユニークで愛に溢れ
 
私も博士に夢中になりそう。
 
 
来年の朝ドラ
 
「らんまん」が楽しみ!
 
 

 
 
 
 
 
牧野博士とめぐるこんこん山
 
 
 
2022/05/11
 

 
ー 植物を愛しなさい。
 
植物がなければ
 
人間は生きられません。
 
植物を愛すれば、世界中から
 
争いがなくなるでしょう。
 
 
牧野富太郎
 
 
Makino
 
 
 
 
 
 
 
Makino1
 
 
 
 
 
 
植物園の入り口を
 
少し登れば、この眺め。
 
「こんこん山」広場です。
 
 
Makino9
 
 
 
 
 
 
ウェルカムガーデンでは
 
色あざやかな花畑が
 
お出迎え。
 
 
Makino2
 
 
 
 
 
 
生誕160年を記念して
 
さまざまなデザインの
 
フラワーショーが見られます。
 
 
Makino3
 
 
 
 
 
 
Makino4
 
 
 
 
 
 
 
こちらが、胴乱という
 
博士愛用のカバンを
 
イメージした植栽。
 
 
Makino10
 
 
博士はいつも
 
このカバンを持ち歩いて
 
植物採集していたんですね。
 
 
 
 
 
 
 
”博士の花かご”には
 
「牧野日本植物図鑑」に
 
掲載されている花たちが。
 
 
Makino5
 
 
きんぎょそう、ひなげし、
 
ひごろもそう、てんじくぼたん、
 
きばなのはうちわまめ….
 
 
 
 
 
 
 
なかなか耳慣れない名前ですね。
 
 
Makino6
 
 
 
 
 
 
「草木に愛を持つことによって
 
人間愛を養うことができる」
 
牧野博士の言葉は
 
 
命あるものすべてに興味を持ち
 
大切にあつかうことを
 
教えてくれる。
 
 
Makino8
 
 
歳を重ねるにつれ
 
若い頃には余裕がなくて
 
気がつけなかった
 
草木の美しさに、
 
心惹かれるように。
 
 
すでに、蚊との戦いが
 
始まりつつあるけれど…
 
 
これからも木々や花々と
 
向き合い、その声に
 
耳を傾けていきたい。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
copyright (c) megumi mastushita all rights reserved.