松下 恵 Official Blog
 
 
 
image
 
 
 
 
 
 
Swiss Samichlaus
 
 
 
2022/12/04
 

 
スイス大使公邸のお庭にて
 
クリスマスイベント。
 
 
Samichlaus
 
 
 
 
 
 
Samichlaus1
 
 
 
 
 
 
Samichlaus2
 
 
 
 
 
 
 
お子さんにはノンアルの
 
ホットレモネードと…
 
 
Samichlaus4
 
 
クリスマスと言えば
 
グリューワイン。
 
屠蘇散を使っているそう!
 
この香りだけで
 
気分はもう、あちらの世界へ。
 
 
Samichlaus3
 
 
アルコールもほとんど
 
飛んでいたのか
 
美味しくて
 
ぐびぐび飲めてしまった。
 
 
 
 
 
 
手作りのケーキやクッキー。
 
ヴァニレキプフェルや….
 
 
Samichlaus5
 
 
 
 
 
 
クリスマスはおなじみの
 
シュトレンなども。
 
 
Samichlaus6
 
 
 
 
 
 
コーヒーに
 
強めのお酒を入れたものを
 
kaffee fertig(finished coffee)
 
というのだそう。
 
 
Samichlaus10
 
 
これ飲んだら
 
酔っ払って、ほんとに
 
Finishしそう。
 
 
 
 
 
 
そして、ハイライトは
 
北極からの愛らしい
 
サンタクロース…ではなく
 
 
少し険しいイメージの
 
サミクラウス(赤)とその友達
 
シュムッツリ(黒)が
 
二人で森からやって来ました。
 
 
Samichlaus7
 
 
黒のシュムッツリは
 
日本でいう、ナマハゲの役割。
 
悪い子は袋に入れて
 
森へ連れ去るのだとか。
 
 
 
 
 
 
 
子供たちからサミクラウスへ
 
歌やお手紙のプレゼントも。
 
 
Samichlaus8
 
 
心あたたまる一日でした。
 
 
 
 
 
 
お二人が森に帰る前に
 
一緒に写真を撮ってもらいました。
 
 
Samichlaus9
 
 
シュムッツリには
 
念のためサングラスを
 
かけておきました。
 
 
Swiss “Samichlaus” is not the “Santa Claus” from the North Pole we all know and love.
Here he is accompanied by his friend “Schmutzli”, dressed in a dark cloak, who takes the naughty kids away to the forest.
I hope we’ve all behaved this year!
 
 
 

 
 
 
 
 
VALLOTTONーNOIR ET BLANC
 
 
 
2022/11/19
 

 
 
三菱一号館美術館
 
ヴァロットン黒と白展へ。
 
 
Vallotton
 
 
スイスに生まれ、
 
厳格なプロテスタント家庭に育った
 
フェリックス・ヴァロットン。
 
 
 
25歳のときに浮世絵と出会い
 
衝撃を受け、絵画から版画へと
 
転向したそう。
 
 
 
19世紀末の、華やかなパリを
 
リアルな描写で描く。
 
 
Vallotton2
 
 
 
 
 
 
 
「息づく街パリ」
 
の老若男女。
 
 
Vallotton3
 
 
 
 
 
 
Vallotton4
 
 
 
 
 
 
様々な雑誌にも、挿絵を。
 
 
Vallotton5
 
 
この時ばかりは、多少なりとも
 
フランス語が理解できれば、と
 
ずっと悔しがっていた。
 
 
 
 
 
 
一人一人の顔つきを見ているだけで
 
時間が過ぎていく。
 
 
Vallotton6
 
 
 
 
 
社会の暗部にスポットをあて
 
ブラックユーモアを込めて
 
描いた作品。
 
 
Vallotton8
 
 
 
 
 
私が好きだった
 
ル・ボン・マルシェ。
 
「世界最初の百貨店」で
 
大量消費する婦人たちを
 
冷ややかな目で映し出す。
 
 
Vallotton9
 
 
ドレスの柄の繊細なこと。
 
これが木版画というのが
 
信じられない。
 
 
 
 
 
突風に巻き込まれているのは
 
犬!?猫!?
 
 
Vallotton10
 
 
 
 
 
 
必見は、希少性の高い
 
アンティミテ・シリーズ。
 
 
お金、嘘、もっともな理由、
 
取り返しのつかないもの…など
 
その絵につけられたタイトルは
 
皮肉とユーモアたっぷり。
 
 
 
そこから想像する男女の関係性は
 
一本の映画を見ているかのように
 
面白い。
 
 
 
独特でありながら、
 
誰もが共感できる視点を
 
持つヴァロットンの凄み。
 
 
Vallotton11
 
 
つねに、女性が優位に
 
描かれているのを
 
不思議に感じていたら、なるほど。
 
 
資産家の娘と結婚をし
 
安定した生活を手に入れた
 
彼自身の人生と照らし合わせれば
 
どこか納得..。
 
 
 
 
 
 
 
漆黒に塗りつぶされた影。
 
見えないところに「在る」感情。
 
 
 
人の心をくすぐる
 
ヴァロットンの優しさに
 
すっかり惚れ込んでしまった。
 
 
Vallotton12
 
 
 
 
 
 
 
そしてこの展覧会、
 
白黒コーデで行くと
 
鑑賞チケットが100円オフに。
 
 
Vallotton14
 
 
 
 
 
 
 
Vallotton15
 
 
 
 
 
 
 
 
ヴァロットンに
 
恋をした夜。
 
 
Vallotton16
 
 
丸の内の輝きがさらに
 
気持ちを昂らせ
 
しばらく余韻に浸っていた。
 
 

 
 
 
 
 
Ehrismann Residence
 
 
 
2022/11/16
 

 
横浜山手西洋館のひとつ
 
エリスマン邸へ。
 
 
Ehrismann
 
 
 
 
 
 
白亜の洋館に映える
 
エメラルドグリーンの
 
鎧戸にひとめぼれ。
 
 
Ehrismann12
 
 
 
 
 
 
生糸貿易商社シーベルヘグナーの
 
横浜支配人として活躍した
 
スイス・チューリッヒ生まれの
 
フリッツ・エリスマン。
 
 
Ehrismann3
 
 
 
 
 
 
 
設計は「近代建築の父」といわれる
 
チェコ人の建築家
 
アントニン・レーモンド。
 
 
Ehrismann4
 
 
大正14〜15年に設計された
 
とは思えないほど
 
洗練された雰囲気。
 
 
 
 
 
 
Ehrismann5
 
 
 
 
 
 
すべての窓が
 
外の風景を取り込んだ
 
デザイン。
 
 
Ehrismann6
 
 
外から見ても
 
中から見ても
 
美しい…。
 
 
 
 
 
 
洋館の中心となる
 
食堂兼居間。
 
南には光がたっぷり
 
差し込むサンルームが。
 
 
Ehrismann7
 
 
日本の気候に合わせ
 
天井も高くゆったりしているそう。
 
 
 
 
 
暖炉まで
 
シンプルモダン。
 
 
Ehrismann11
 
 
オルガンなどの調度品も
 
可愛らしい。
 
 
 
 
 
 
喫茶室は大人気でした。
 
いつかゆっくり
 
お茶してみたい。
 
 
Ehrismann8
 
 
 
 
 
 
Ehrismann9
 
 
 
 
 
 
 
12月には、スイスをテーマに
 
装飾されるのだそう。
 
また見に行けるといいな。
 
 
Ehrismann10
 
 
 
Yokohama City has restored seven Western Houses in Yamate area and opened them to the public for free.
 
The original owner of this lovely house was Fritz Ehrismann who was born in Zürich Switzerland and came to Japan in 1888 to join a trading business.
 
The design is so modern, and sophisticated that it is hard to believe that it was built almost 100 years ago.
 
What really stood out to me, were the beautiful green window frames!
 
 
 

 
 
 
 
 
ご視聴ありがとうございました
 
 
 
2022/11/10
 

 
昨夜の相棒、ご覧いただき
 
ありがとうございました。
 
 
大好きな作品に関わらせて
 
いただけること、
 
本当に光栄に思います。
 
 
また機会がありますように。
 
 
見逃し配信は、こちらから。
 
16日まで視聴可能です。
 
 
 
事務所のOマネージャーさんが
 
作ってくださった
 
可愛いデコ写真♡
 
 
AibouTver
 
 
優しいお心遣いに
 
胸キュンです。
 
いつも支えていただいています。
 
 
 

 
 
 
 
 
仮名手本忠臣蔵
 
 
 
2022/11/09
 

 
すがすがしい、秋晴れの中。
 
 
Kabuki
 
 
11月歌舞伎公演を
 
鑑賞させていただきました。
 
 
 
 
 
 
初代国立劇場 さよなら公演
 
歌舞伎&落語「コラボ忠臣蔵」
 
 
Kabuki1
 
 
まずは春風亭小朝師匠の
 
ゆる〜い感じの落語から。
 
 
 
その後に見る
 
忠臣蔵についての解説も楽しく。
 
 
 
吉良上野介は
 
実際は、こんな人物だったと
 
「現代の誰々みたいだね」と例えては
 
大爆笑をさらい
 
 
 
松野廊下での刃傷事件を描いた
 
「殿中でござる」や「中村仲蔵」の
 
二席を楽しませていただきました。
 
 
Kabuki2
 
 
「仮名手本忠臣蔵」は
 
輝かしい敵討ち達成の「陰」で
 
起こる壮大な傑作ドラマ。
 
 
 
今回は一番面白いパートである
 
五段目・六段目の上演。
 
 
 
早野勘平を演じる、
 
中村芝翫さんの登場には
 
やはりゾワっとしました。
 
 
 
ただならぬ佇まいと独特のお声に
 
ああ、これがスターの風格なのだと。
 
 
 
それでいて、ふとした会話の
 
台詞はまるで自然で、即興のよう。
 
歌舞伎だということを
 
忘れてしまうような。
 
 
 
人を殺めてしまったと
 
気づいたときの息遣い。
 
それを与市兵衛だと思い込んだときの
 
「えらいことをしてしまった…」
 
 
 
芝翫さんがいる舞台上から
 
劇場の隅々までが
 
痛ましいほどのショックと
 
懺悔で包み込まれ
 
 
 
誰もが息をのんで見守っているのが
 
伝わって来て…
 
「観客が物音ひとつ立てず
 
静まり返る瞬間」というのを初めて
 
味わった気がします。
 
 
 
最初から最後まで目が離せず
 
歌舞伎特有の途中で眠くなるなんて
 
1ミリも感じず。
 
 
 
おかや演じる中村梅花さんと
 
勘平のやりとりに
 
胸をしめつけられながら
 
 
 
さーっと幕が降りたときは
 
「あれ!もう終わり?
 
まだ続かないんですか?」
 
と聞いてしまったほど。
 
 
 
面白いところだけ
 
ぎゅっと凝縮した上演というのは
 
素晴らしいですね!
 
 
 
古典芸能を学んでいらした
 
同じ年のNマネージャーさんと
 
休憩中に腹ごしらえ。
 
 
Kabuki3
 
 
予備知識を教えてくださって
 
さらに勉強になりました。
 
 
 
芸術の秋。
 
これまでの人生で一番心に残る
 
歌舞伎作品となりました。
 
 
 
鑑賞させていただけたことに
 
心から感謝です。
 
ありがとうございました!
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
copyright (c) megumi mastushita all rights reserved.